読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

体育学部卒が語る。 30代からの身体メンテナンス 2017

糖質制限ダイエット、脂肪燃焼、メタボ、体脂肪率や 腰痛、花粉症などを大いに語ります。

【1ヶ月-10kg】30代男の効果的なストレスフリー糖質制限(①) 『炭水化物』

1ヶ月で-10kg 短期で効果的なストレスフリー糖質制限ダイエット

効果的な短期ダイエットの方法  1ヶ月で-10kg のやり方を公開

大学時代に

スポーツ科学を学び

・栄養学を学び

・自身でも効果のあった

アカトカゲ流の効果的な短期ダイエットをご紹介したいと思います。
ちなみに、私は約1ケ月半~2ヶ月くらいで自己流のダイエットにより、74kg ⇒ 58kg(-16kg 体脂肪率一ケタ)に成功しました。

私もそうでしたが、様々なダイエット法が次から次へと現れ取捨選択に迷うとこだと思います。

プロテインダイエット
・食べる順番ダイエット
・断食ダイエット
・炭水化物ダイエット
・豆乳ダイエット
キャベツダイエット
・スープダイエット
etc・・・

 

色々ありすぎて迷ってしまい、だったら自分の培った物で勝負しようと思い自己流ダイエットにとりかかりました。

 

まずは基本的な考え方として、

体質の改善を伴ったダイエットがとっても大切。

そうすることで、結果太りにくくなります。

 

そもそもダイエットはまったく不確定なものじゃないんですね。

論理的にやれば必ずと言っていいほど痩せます。

 

超シンプルに考えると、摂取カロリーより消費カロリーの方が多ければ、遅かれ早かれ痩せます。(当たり前ですが)

なので、ダイエット成功後も健康的に過ごすために、『カロリーを抑えて、カロリーを消費する生活』 ⇒ 結果的に『体質改善』につながるダイエットに思考を切り替えましょう!

 

糖質制限ダイエットは危険!?

 今、RIZAP(ライザップ)さん等で流行っている『糖質制限ダイエット』についてちょっと触れておきたいと思います。
何となく、メタボの方があっという間に引き締まって自信満々に風を浴びているイメージがあると思いますが、
どういったものかと言うと、
『糖質・炭水化物を抑えてタンパク質を取り入れ、運動をする事により効率よく脂肪を燃焼させてどんどん痩せようね!』というものです。

 

そもそも、炭水化物とは!?

■炭水化物とは簡単に言うと『食物繊維』+『糖質』です。

(糖があることだけ覚えて下さい。)

糖質を摂取すると体内でブドウ糖として吸収されます。

ブドウ糖は糖の最小単位だと思って下さい。)

ブドウ糖はインスリンという体内デリバリーシステム(栄養運び屋さん)によって筋肉や脳の活動に使われます。

ここからが問題で筋肉や脳の活動に使われず余ったブドウ糖はどうなるか?

結果 : 脂肪になります。


もうちょっと分解すると、、
① 食事で炭水化物を摂取するとブドウ糖が大量に生産される。

② インスリンが分泌され、エネルギーとして筋肉や脳の活動に使われる。

③ しかし、糖を摂取“しすぎる”と使いきれずに余ってしまう。

④ そこでインスリンは、摂取したエネルギー源(ブドウ糖)体内の別の場所に運ぶ。

⑤ 運ばれる場所。そここそが脂肪細胞です。

結果、取り込んだブドウ糖は脂肪に変わりどんどんと肥満・メタボ化していきます。

ちなみに、みなさんご存知。ご飯は炭水化物です。

【豆知識】
ご飯1杯 ≒ 約15個分の角砂糖と同じと言われています。

 

どのようなダイエットが良いのか?

そもそも、昔はなぜ太りにくかったのか?

(※個人差あり)
様々な要因がありますが、ざっくりいえることは

基礎代謝が高かったこと
・思ってたより案外アクティブに動いていたこと

だと思います。


糖質制限ダイエットに関しては、事実、糖質の摂取量を制限されることにより結果、血糖値が改善され、体重減少への影響がある報告はあります。

実はその結果も賛否両論で、

■短くて数週間、長くても数年の短期間の証拠しかない。
年~数十年単位での長期的かつ正しく検証された報告はない。
⇒糖質を大幅に制限してしまう事は身体に害を及ぼさないとは言い切れない。というような意見も出てきているのは事実です。

なので、色々な意見がありますが、私から言わせれば、年単位の根拠なんてもはや生活習慣です。糖質制限によるリバウンド云々ではなく個人の意思の問題で糖質制限ダイエットを否定する根拠には至らないと個人的には思っています。

なので、
【短期的】
① しっかり知識を付ける
糖質制限 + 効率的な運動 ⇒  基礎代謝アップ(結構キーポイントです。)
※まずはちょっとでも結果が出ることから。

【中長期的】
ちょっと歩くなどの軽い運動の継続 & 得た知識による微調整の運動・食事調整

なので冒頭にお伝えしたように、

まずは体質の改善を伴ったタイエットがとっても大切。になります!